不動産投資においては家賃を抑えられる物件の方が今後は優れている?

不動産投資においては家賃を抑えられる物件の方が今後は優れている?

不動産投資においては家賃を抑えられる物件の方が今後は優れている? 部屋を借りる人は、どちらかというと若い人が多いでしょう。一定以上の年齢になると家を買う人が増えてくるというのがその理由です。

そして、家を借りるときに重要なのが家賃ですが、この家賃をいくらまでなら大丈夫かというのを借り手が決める場合に、関係してくるのは自身の収入です。
自分の収入によって出せる家賃の範囲は限られます。

今後の日本経済と雇用の問題を予測すると、国民1人あたりの平均年収というのはどうしても下がっていく可能性が高いとされています。
特に若い人たちはその傾向が強く、消費に回せるお金はどうしても減ってしまうのです。それも今後の不動産投資に影響があるでしょう。

つまり、若い人たちの収入が今後減少傾向にあると、当然家賃が高い家は借り手が見つかる可能性が低くなっていくのです。
そうなると、不動産投資のための物件を選ぶときには、割と安価な家賃を設定できるようなものを選んでいくと良いと言えるのではないでしょうか。

どちらかというと高級な家賃の高い家は、今後借り手が見つかりにくくくなっていくことが予想されます。
今後需要が出そうな家を選ぶという意味では、部屋を取り巻く諸条件や環境がそこまで良くないとしても、購入するときの価格も安く家賃を安くできる家にすると、人気が集中して家賃収入が安定するときがくる可能性もより高くなるかもしれないのです。

お知らせ

  • [2016年05月19日]
    ホームページを更新しました。

  • [2016年05月19日]
    運営者情報を追加しました。